スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実話「駆け落ち」 六話:夢と現実

遠いジョージア州から皆様 Hello!

毎週月曜日にお送りしています「駆け落ち」ですが
実は第六話が此方で公開されていなかったようでしたので
順番が狂うとは思いましたが、今回アップさせて頂きま~す!

また、過去のリンクで故障が有りまして、過去のお話が見れない!と
メツセージを頂きましたので、この下に新たに御紹介させて頂きま~す!

以前にこのお話を読んだ方々
誠に申し訳無いです。。。。


「駆け落ち」
第一話:Geeとの出会い    第一話~第三話まで一緒に読めます!
第二話:昔の彼女 Kちゃん
第三話:Manson VS. Gee
第四話:帽子を被った黒人男性
こぼれ話:岩国での初パート
第五話:初めてのジョージア
第六話:夢と現実 (今回のお話)
第七話:昔の彼女の訪問
第八話:結婚  
これまでの「駆け落ち」の記事に有るリンクをクリックされても、上手く飛ばないと思いますので
過去の記事を読む場合には、是非此方 (上記)のリンクでお読み下さいね!

そして
次回 (来週の月曜日)は予定の通リに戻しますので
皆さん、此れからも ヨロッ(●^_^●)♪




私のブログに連載しております実話「駆け落ち」編は
20年前私が米軍人Gee(前夫)と岩国で出会った頃から約10年後までの
成り行きをストーリーにして毎週書いております。

当時、彼をソールメートと固く信じ両親の猛反対を押し切っての日本脱出
そして晴れての国際結婚と成りましたがさてその行方は?

夢にまで見た国際結婚
山越ぇ~谷越ぇ~カルチャーショックもちょっと越えて当時を思い出し
出来るだけリアルにお伝えしたいと心掛けておりますので、
どうかお楽しみにして下さいませ!



第六話:夢と現実
 

「結婚する時には、絶対 白いドレスを着たい」

私の幼い頃からの夢だった。

何時か叶うものと、心の何処かで信じていた私。




Baby。。。。I don't have enough money....

其の頃のGeeは、まだ仕事でのランクが低く収入もソコソコ。

若い事もあって貯金も殆どゼロ!

私には。。。日本を経つ際に母から貰った50万円が口座に。

でも、私の希望する結婚式を上げるのには、不十分だろう?




I can't have my own wedding ceremony? 

My only dream...the very first and the last.

You got to be kidding me!



「失望」

彼、結婚指輪を買うお金も無し。


日本でアンナ夢のような大恋愛をして


彼となら幸せになれると確信していたのに

彼の為に全てを捨てて日本を去る決意もし

後も振り向かずにココまで附いて来たのにぃ。





「愛」

将来の計画など立てる時間も惜しいくらいに

只々彼と一緒にいる時間を大切にして来た。

親に猛反対されても「愛が有れば、何でも乗り切れる!」

真剣にそう信じていた。

心から信じ切って疑う隙間など無かったのだ。

幸せの頂点で、他のモノは何も目に入らなかった。




「彼のセクシールックス」

あの綺麗で緩やかなカーブを描いた長い睫毛

クルリンとそれは印象的でパッチリした大きな瞳

6フィートのスラッとした高い背丈


そして見るからに筋肉の整った体

恥ずかしそうに綻ぶ魅力的な笑み、彼のユーモア

全てが揃いに揃っていたのだ。

そう言えばGee、バスケの王様Michal Jordan に何処か似ている。

更にブレーク・ダンスにも長けているGee。



そのブレークダンスと言えば、広島市のクラブを思い出す。

友達と一緒にペアを組んでよく踊りに行った。





そう。。。あの日もそうだった。

音楽がガンガン外にまで響いて来る重いドアを開けて

Geeと一緒の私、ウキウキしながらクラブの中へ入る。

中は、暗くてよく見えなかったが、

明るくまばゆい光のビームがチカチカとお互いの顔を照らし出す。

早速 空いているテーブルを探して友達と一緒に座った。

と、直ぐ様 ビートの良い私達の好きな曲が掛かったので、

皆な一勢に席から立ち上がると、ダンスフロアーで踊り出した。



そしてその後。

皆な踊り疲れて、席に座っていたその時。

 



誰も居ない静かなダンスフロアーにGeeがサッと腰掛けていたイスから立ち上がり、


ダンスフロアーの端に有るテーブルまでゆっくり歩いて行くと、その上の小さな花瓶に


差してあった一輪のバラを手に取った。


其れを口に軽く銜えると、クルッと私の方向に向き直り

流れている音楽に乗って、ゆっくりブレーク・ダンスを踊り始めた。

途切れ途切れの光のビームを体に浴びながら

巧みにも、その筋肉の整った体を右足から上って、右手へ。

そして右手から左手へ。

そして左手から左足へ。

まるでロボツトの様に

体を小刻みに一部分ずつ波がサザメくようにリズム良く動かして行くのは、見ていても


アッと息を取られる程の巧妙さ。

そのスムーズな動きで私の近くまで歩み寄るとGee

片膝をフロアーに付いて中腰になり、私を見上げた。

そして彼の口に銜えていたバラをそっと手に掴んで

席に座って只々ドギマギしていた私に差し出した。

まるで、時間が止まったかのように回りの注目は全て、彼と私に集まっていた。

彼のそのロマンチックさに又もや痺れてしまった私だった。。。




Can't I really wear my wedding dress?


Can't I???

指輪も無し、結婚式も無し、白いドレスも無い私。

自分の状況を理解していながらも、その一方で

自分の夢が一つ、静かにも壊れて行く音を聞くようで

私には居た堪れなかった。




チョットした喧嘩になってしまったが、結局、私が二人分の指輪を買う事にした。

しかし、指輪よりも白いドレスを着れない事の方が、何故か堪えた私。。。




二人には初めての喧嘩だった。


 


スポンサーサイト

テーマ : (恋愛)波瀾万丈・激動の恋愛documentary
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆花桃タンタン☆

Author:☆花桃タンタン☆
日本を離れて20数年、日本を恋しくな
る事は有るけれど、今では最愛の家族
に囲まれて幸せ一杯の私は、4児の元気
ママ!

スポーツ大好き!
食べるの大好き!
翻訳大好き!!

私の人生まだまだ捨てたもんじゃぁ
無い!

Peace out!!

コメント

openclose

ページナビ
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
皆さん、御一緒にポチッ!
Book Mark !
ポップアップ風メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

英検1級単語ドリル 黒猫版

くろねこ時計
TOEICボキャドリル(わんこ版)

中学英語テスト?
ウェルカムメッセージ
クリック!

ウェルカムメッセージ表示
bamboowaves(c)
検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


新着+関連エントリーナビ
私のFC2プロフ
ポチッとSeeブックマーク
はてなブックマーク はてなブックマーク
Buzzurl
FC2ブックマーク FC2ブックマーク
Yahooブックマーク Yahooブックマーク
POOKMARK POOKMARK
@nifty @niftyクリップ
Livedoorクリップ Livedoorクリップ
Present's by サンエタ
BMI・肥満度チェッカー

ダイエットするなら
BMI・肥満度チェッカー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メッセージボードβ
- Information -

What's Up?
How's everything going?
I'm so glad that you're here!
Enjoy!
and Came back soon!!
また来てね! 


-- E N D --
.
.
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PopUp WikipediaⅡ
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。